買取ブログ

節税目的の養子縁組は有効との判決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

節税目的の養子縁組は有効との判決

福島県で行われていた節税目的の養子縁組が有効かどうかの裁判で、
有効性が認められる判決がでました。

この裁判は、長男と兄弟2人との争いで、
発端は長男の子息と被相続人との間で養子縁組を行なったことで始まりました。

つまり相続人が3人から4人へ増え、実質、長男が財産の2分の一を相続することになったのです。

相続税の基礎控除は、3000万円+相続人の数×600万円

今回のケースでは、5400万の基礎控除となり、3人の時よりも600万円も控除額がアップします。

国税庁は、節税対策が目的での養子縁組を認めておらず、しかし、今回のケースは被相続人本人が署名、押印を行っていた点などを考慮して、
養子縁組は認められることとなったようです。

今後、どうなるかは分かりませんが、相続税対策と認めた上での養子縁組が許されたケースです。

今後がとても気になる判決です。
相続税の節税対策はほかにもあります。

非課税枠を使った生前贈与や相続時精算課税制度の利用、また、住宅取得金、結婚・子育て資金、教育資金などでの生前贈与などです。

終活アドバイスを行っておりますが、税金に関することは非常に複雑ですし、法的な部分で失敗はできないデリケートな問題ですので、
専門家への相談は必須となります。

当店でも相続を得意とする税理士さまと連携を図っておりますので、是非ご相談ください。

関連記事



買取本舗 稲沢国府宮店
LINE公式アカウント

友だち追加数