ダイヤモンド、宝石、色石 高価高額買取

daiya

多くのお店では色石、小粒のダイヤなどにお値段が付くことが少ないのが現状です。

実際に小さな石ひとつひとつに価格が付くことが市場ではないからです。

色石には天然ものと人工的に加工されたものが存在します。

その中でも宝石のグレードがありますので、

よほど大粒でグレードの高いものでない限り、高値では取引されてないのです。

科学の進歩で人工的な加工が施されたものが多数出回っており、

加工されていないか鑑別する必要がありますが、

鑑別書を取得するにもそれなりの費用が必要で、

小粒の石に鑑別書を準備するとコストバランスが取れません。

ですが、

当店では色石、小粒のダイヤにもお値段をお付けしています。

 

疑問!宝石、アクセサリーの価格ってどうなってるの?

皆さんが宝石など宝飾品を購入される場合、

購入価格には色々なものが含まれています。

1、宝石の原価

2、地金の原価

3、デザイン費

4、加工賃

5、店の利益

6、ブランド価値

7、販売コスト

これらすべてを含んだものが皆さんが店頭で目にする購入価格です。

芸能人が購入する宝石ではハリー・ウィンストンが有名ですね。

最近では、DAIGO&北側景子の結婚指輪でも報道されています。

同じグレードでもハリー・ウィンストンでは桁が桁が違ってきます。

ブランド価値ですね。

ハリーなら売るときに高値が付きます。

エルメス、シャネル、ルイヴィトンなどと同じブランド価値です。

 

それ以外のブランドとなると、話は違います。

例えば有名な○○時計店や○○宝飾店などであったとしても、

それは信用という意味でのブランドであって、ブランド価値とは違います。

 

ダイヤモンドの4Cはあくまでも目安

ダイヤモンドの鑑定基準として4Cがあります。

ご存知の方も多いと思いますが、

1、カラット(重量)

2、カラー(色)

3、クラリティ(内包物)

4、カット(プロポーション)

上記4つを基準にダイヤモンドのグレードが決まるわけですが、

これはあくまでも基準であって、

同じグレードだったとしてもダイヤモンドに同じものはひとつもありません。

 

当店では同じグレードでも少しの差異を見つけて査定します。

だから他店とはまた違った査定で、高価買取を実現しています。

 

関連記事一覧





買取本舗 稲沢国府宮店
LINE公式アカウント

友だち追加数